意外に大変?効果的なマンション管理の方法とは

  • 2016年10月24日
  • admin

マンション経営を始めると苦労する管理業務

マンション経営を始めてみて多くの人が大変さを感じざるをえないのが管理業務です。マンションの共同部分の清掃を行ったり、入居者の入居手続きや行ったり、トラブル対応をしたりする管理業務は意外に負担になります。不動産会社と提携しているとある程度は任せてしまうことができますが、基本的には自分で管理するという決断をしてマンション経営を始めてみると時間的にも労力的にも負担になることに気付かされることが多いのです。

一括借り上げは効果的な対策

マンションの管理業務を楽にする究極の方法は一括借り上げを管理会社に依頼することです。そのマンションそのものを管理会社に貸すという形を取ることで、一切の管理業務を委託することができます。たとえ空室ができてしまったとしても、自分が得るのは管理会社に対してマンションを貸していることに対する賃料であり、毎月得られる家賃収入に影響が出ない契約ができるのも特徴です。管理業務に負担を感じることなく安定して収入が得られる方法を言えるでしょう。

問題点も理解して適切な選択が重要

一括借り上げをしてもらうとマンション経営は楽になりますが、誰もがそれを選ばないのは問題点もあるからです。管理会社が空室リスクを抱えることになり、管理業務も委託することになるため、自分で管理をしているときに比べると家賃収入が少なくなることは否めません。また、マンションが古くなって入居者が募りにくくなると管理会社側から契約の破棄を求められるリスクもあります。その点も考慮すると一部の管理業務だけを委託して基本は自分で経営するというのも無難な選択肢と言えるでしょう。

マンション経営の状況を常に判断することで、各地の地価の相場や契約者の希望などをすぐに理解することが可能となります。

Comments are closed.