自分の店舗のジャンルを考慮して!最適な店舗物件選びのやり方

  • 2016年10月24日
  • admin

人気のロケーションは早めに手を付ける

潜在的な集客力に優れたロケーションというのは駅チカやビュースポット、有名観光スポットを始めとして比較的限られており、そこから空き物件が出たとしても、あっという間に次の契約が結ばれてしまうパターンは多いもの。特別そういったロケーションに思い入れが無くとも、店舗経営をオープン時からなるべく早く軌道に乗せたいのであればそのエリアの空き物件は常に注目し、機を見て素早く契約する心づもりでいた方が良いでしょう。チャンスは一瞬なのです。

経営する店舗のジャンルから考える

自分がオープンしたい店舗のジャンルによっても、店舗物件のロケーションは条件が変わってくるでしょう。例えば飲食店であれば明らかに人通りの多い駅近くの中心街の物件が有利でしょうし、美容院であればより住宅街に近く、ちょっとした空き時間を利用して気軽に住民が訪れる事の出来るロケーションが有利に違いありません。これらのマッチングにおける自分の方針が正しければ、自然と適した店舗物件が幾つか見付かってくるもので、それらの中から居抜き物件を見付ける事が出来れば開店への運びも大変スムーズですよね。

客層から逆算したロケーション選びも

商店街の特色として、そこに訪れるメインの年代層の違いという要素もあるでしょう。若者向けのお洒落な商店街もあれば、どちらかと言えば年配者やお年寄りが好む様なレトロさを売りにしている商店街もあるもの。これらの特徴と自分の経営する店舗が相手とするメインの年代層を比較し、よりマッチした商店街を候補として空き店舗物件を探すというやり方もありなのです。商店街に入るという事は組合への加入を始め色々と手間が掛かるものですが、それ以上にバックされる利益は大きなものとなる筈です。

店舗物件の契約のプランにこだわるには、大手の不動産会社の物件情報や入居の時期をじっくりと見極めることが大切です。

Comments are closed.