風の流れ方に注意!快適さを重視した注文住宅

  • 2016年10月24日
  • admin

浴室の空気の流れが作られているかチェック

家族の健康を考えた注文住宅を作るためにも、住宅デザインを考えている段階から、浴室の空気の流れが上手く作られているか確認をさせてもらいましょう。浴室の近くにある部屋に換気に使えるだけの大きさの窓があるだけでも、浴室に溜まった湿気を逃がしやすくなります。カビの胞子が発生しないように徹底した対策を用意したいのであれば、浴室乾燥機を取り付けてもらってください。それだけでも浴室にカビが発生しにくくなり、入浴時に一気にカビの胞子を吸い込むといった事態に陥る確率も下げられますよ。

庭に風が通っているか調べておく

庭付きの注文住宅を作るのであれば、その庭でゆったりとくつろぐ時間を作るためにも、庭の風通しの良さを意識した住宅デザインに仕上げてもらいましょう。大きな木や塀が庭にあると、その大きさによっては風通しを悪くする原因になりかねませんし、庭を作る方角にも注意しなければいけません。風通しが良い方が洗濯物を庭で干す際にも便利ですし、周囲の住宅から飛んでくるカビの胞子なども、遠くに飛んで行ってくれるようになったりと、風通しの良さは重要ですよ。

玄関の風通しの良さは異臭対策として重要

数多くの靴を収納しておく事になる玄関の周辺は、少しでも風通しを良くしておかなければ、靴の周りに湿気と一緒に臭いまで篭もるようになってしまいます。ある程度は玄関の風通しが良くなるだけで、靴の臭いなども発生しにくくなりますし、玄関にもカビが生える可能性はあるので注意が必要です。もし靴にカビが生えてしまうと、足にまでカビの胞子が移る可能性もあるので注意をしましょう。注文住宅であれば靴の収納スペースだけでなく、土間収納までセットで風通しが良くなるように工夫してもらえますよ。

注文住宅は建物のデザインや使用する建材を自分好みで選ぶことが出来るのが大きなメリットです。そのため、住宅に個性を持たせたい人や人体に悪影響をもたらす薬品を使わない建材を選びたい人に適しています。

Comments are closed.