賃貸物件情報には載っていないことにも注意を払いましょう!

  • 2016年10月22日
  • admin

通常賃貸とマンスリーが混在していないか

賃貸マンションやアパートの中には、同じ建物内で一部の部屋をマンスリー契約またはウィークリー契約として賃貸している場合があります。短期間だけ住む人なら迷惑な住人であってもすぐに出て行くから問題ないと考えることは、逆に毎回異なった迷惑な人がやってくる可能性もあるのでストレスが溜まりやすくなるでしょう。落ち着いて住みたいなら普通借家契約のみで賃貸されている物件を選ぶ必要があります。短期契約で入居する人よりもしっかりと入居審査がある分だけ安心出来ますよね。

事故物件ではないか確認しよう

周辺相場よりも安く貸し出されている場合やインターネット非公開物件の場合には、事故物件ではないか確認する必要があります。事故物件情報を専用に投稿された結果を公表しているサイトがあるので、正式な契約前にチェックすると良いです。不動産屋は事故物件の場合には告知義務がありますが、ギリギリになるまで言わないケースがあるので、相場よりも安い場合には事故物件ではないか、不動産屋へ自分から確認することが大切です。聞かれたら不動産屋には堪える義務があるからです。

お墓と病院に注意しよう

人により気にするしないの意見が分かれることとして、近所にお墓があるケースと敷地自体が元々お墓や病院の跡地かどうかは、気になる人は調べておくと良いでしょう。物件の周辺を軽く散歩して確認しておくと予想が付きやすいです。お墓は長期間無くならないので、2階以上であれば余程広大な墓でなければ室内からは通常見えません。建物が立たないことが分かっている場所として日当たりを確保したいならお墓の前を好んで住む人も中にはいるので、まさに考え方次第ですよね。

旭川市の賃貸は、多数の業者が取り扱っており、業者ごとに取扱い物件が異なる場合もあります。そのため、様々な業者の取扱い物件を把握することで、より良い物件が見つかります。

Comments are closed.